回介紹了老媽喜歡的 千の風になって

那今天就來談一下,我很喜歡的 象の背中 系列作品.
第一部曲是 旅立つ日
第二部曲是 雲の上のお父さん

其實這原本是作詞家秋元康的首度長篇小說
因為內容感人....
所以最後發展成...卡通,歌曲,畫冊,電影...等等表現方式

以下是單行本發行時的介紹文

48歳、中堅不動産会社部長。中年男にある日下された宣告-「余命半年」。
男は肺ガンに侵されていた。逃れようのない半年後の死。男は残りの半年をどう生きたか?
理解ある妻、頼もしい息子、かわいい娘、そして、美しい愛人にも囲まれた男の生き方は、「男の理想」。
連載時から「男の身勝手」と賛否両論だったが、この男の半年は、涙なしには読めない! 
誰でも身近な人間の死を経験しているはず。そして、誰にでも死は必ず訪れる。

生命無常,只要是人都會面對死亡,
對於一個48歲的男人,在面對半年的餘生時,究竟要如何度過?
之前其實曾介紹過一部法國電影,八美圖的導演François Ozon所導的死亡三部曲之二....

Le temps qui reste---ぼくを葬(おく)る---Time to leave

感覺秋元康的作品探討的主題也蠻類似

不過....我還沒機會看這本書,不過卡通版的大象家族配上動人的歌曲,
就足以讓人感動許多,思考許多

現在先介紹第一部曲吧!




Vacation Rental | Vacation Rental | mp3 codes



ある朝、目覚めたら、神が待ってた

命に終わりが来ると、そっと知らされた。

どうして、僕だけが旅立つのか。

運命のさざ波に、声は届かない

一番近くの大事な人よ。

しあわせだったか?

それが気がかり

 

もしも僕がいなくなったら

最初の夜だけ泣いてくれ

君と僕が過ごした歳月(とき)を

思い出しながら見送って

 

君と会えてしあわせだった

朝の空見上げ、微笑んで

僕はきっと日差しになって

見守っているよ。

君のこと。

見守っているよ。

君のこと。

全站熱搜

lunablue 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()